【アサーションDay86】実はアサーティブになればなるほど、アサーションをあんまり使わなくてよくなるという現象

*この「アサーティブな一言」はプログラム参加者に送るメルマガのバックアップです。プログラムに参加していない方が読んでも意味が分からない部分もありますのでご了承ください。

これまでアサーションのテクニックを学んできましたが、

実は重要なことがあります。

信頼関係の方が、「伝え方」よりもずっと重要であるということです。

信頼関係のある人だったら、どんなことでも響くけれども

信頼関係のない人から、どんな素晴らしいことを聞いても響きません。

つまりは、信頼している人だったら、多少攻撃的な言い方をされても、

「この人はこういう言い方をしているけれども、良い意図を持っているはずだ」と思う可能性は高まります。

でも、信頼できない人だったら、アサーティブな伝え方をしても聞いてもらえない場合があります。

だからと言って、今まで習ったアサーションが意味がなかったということではありません。

アサーティブなコミュニケーションを図っていると信頼関係が築かれやすくなります。

そして結果として、それほどアサーションを気にしなくても良くなっていきます。

(その時点で身についているので、アサーティブにはいずれにせよなっているでしょうが)。