頭の中に入ってくる情報量を整理する・・・ストレスたまっていたらしい。

個人的な話なのですが、私実は3週間ほどストレスが溜まっていました。

 

原因はなんとなくわかるのですが、びっくりしたのが体にモロ反応が出ていたことです。

tsuruetoushi12_TP_V

 

まず首の背中側に10個以上、ニキビとは明らかに違うできものができ、一つはしこりかリンパの腫れのような感じだったので、ちょっと怖かったです。

 

首が痛くなりかゆみがありました。

 

体の数か所に水泡ができ、その後が潰瘍(ulcer)のような状態になっていたので、結構痛かったです。

 

写真撮ったのですが、多分誰も見たくないと思うので(笑)、載せません。

 

 

 

病院に行ったところ原因分からず、とりあえず来月に血液検査となりました。

帯状疱疹じゃないの、と友達などに言われましたが、それとも違うようで。

でも何かストレスを感じていてアレルギーっぽい反応が出ているのかもしれないという感じでした。

 

 

 

それでこの3週間ほど、自分の生活を見直して以下のことをすると、(どちみち治る時期だったのかもしれませんが)、症状がどんどん引いていきました。
何をしたかと言うと

 

 

1. 8時間ちゃんと寝た。

2. 自分が好きな運動をした。

3. 「情報の断捨離」をした。

 

です。

 

 

 

私のアサーショントレーニングをとってくださった方はご存知だと思いますが、頭の中に入ってくる情報量が増えると、私たちの意識の状態が変わり「ストレス反応」を起こしやすくなります。

 

(そうすると結果としてイライラしやすくなり、言葉がきつくなったりして、さらにストレスがたまります。)

 

 

ですので、意識的に頭の中に入ってくる情報量を減らすようにしました。

 

具体的にしたことと言えば

 

• 読まないメルマガや、一度買い物をして以来勝手に送られてくるお店からのニュースレター等全部解除

• フェイスブックをあんまり見なかった

• 特定の人たちからのメールが特定のフォルダーに行くように、フィルター設定した(例えば、私が所属しているスピーチクラブのメンバーからのメールはすべてスピーチクラブのフォルダーに行くように自動設定をしました。Gメールだと簡単にできます。)

• 仕事の一部で自動化できるところは全部自動化した

• 自分ができないことは潔く他人にお願いした+将来お願いする人の目星をつけた。(アサーション)

• 自分ができないことは潔く断った。(アサーション)

• 特定の時間に、携帯とコンピューターの電源を切ることにした。

• 朝と夜にメディテーションをして頭のゴチャゴチャをクリアにする練習をした。

• 毎日のスケジュールの見直しをした。自分と子供の状況が変わっているのに、3・4年前に作った毎日のサイクルが合わなくなったことに気が付き、調整した。

 

buddha-199462_640

そしてあとは、今回に限ったことではないですが、頭がごちゃっとしてきたら、メディテーションして頭をクリアにする時間をとるようにしています。

 

英語が分かる方で、メディテーションの音源を探している方は、このポッドキャストをお勧めします。

Meditation Oasis® Podcast

static1.squarespace.com

 

その他関連記事

ソーシャルメディア疲れしているのなら休んでしまえ:無意識に乗っ取られるな(アメブロ)

ソーシャルメディア疲れ2:うらやましいなら認めてしまえ(アメブロ)

ネガティブ思考・考えすぎを辞めたかったら(外部リンク・アメーバブログ)

リラックスするスイッチ(外部リンク・アメーバブログ)


7日間無料講座

サラッと素直に気持ちを伝えても嫌われない・それどころか好かれてしまうWin-winのコミュニケーション術「アサーション」を説明しています。短い動画とテキストでサクッと学べます。 12546313_660093864133841_1666687197_o(1)

無料講座を受ける

素直にサラッと言えるコミュニケーション (メルマガ登録)

* 必須


リカ・ビヤセニョール

  米系の新聞社で勤務できるほど英語は書けるはずなのに、謙遜してしまう癖などから、うまく自己表現ができない・意見を言えない・アメリカ人の中に入っていけないと苦労する。 アサーションに出会ってからは、英語だけではなく日本語でも(本当の意味で)言いたいことを的確に伝えてこなかったことに気づき、コミュニケーションパターンを変えることで人生のあらゆる人間関係が変わるのを体感。 その後、英語でのジャーナリズムの経験・パブリックスピーキングなどで学んだことを取り入れ、アサーティブコミュニケーションのトレーニングプログラムを開発し、個人・グループ・企業に研修。 くわしくはこちら
Save

Save

Save

Save

Save

Save

Save