【履歴書添削】売り込み先・雇う側が、会ってみたい話を聞きたいと思わせるような、表現力

 

英語の履歴書添削のお客様からのうれしい声をいただきました。

こちらです。

 

id-100248987

 

突然のレイオフ、というかレイオフは普通突然ですが…。

 

一番に思い浮かんだのは、「現状のResume古臭いよね、何とかしなくちゃ」ということ。書き直して見たものの、見栄えしなかったので、「何とか」はリカさんにお願いしました。

 

まずは現状のアップデートしたResumeを渡し、リカさんから業務についての実際の内容の質問に答えました。

そして出来上がってきたResumeを見て、リカさんの観察力・理解力の深さにびっくりです。

 

そういう説明ができるのか!

私のこれまでの経歴を、私から見れば売り込み先・雇う側が、会ってみたい話を聞きたいと思わせるような、表現力で書き出してもらえました。

 

例えば、確かに全部やってきた事だけど、単なる業務内容の羅列ではなく、業務を通じて会社・顧客に対して提供できる技能や職務が理解できる内容になっていました。

 

リカさん、ありがとうございました!

 

日本人の方の履歴書の多くは、自己アピールが足りず、ご本人の良さが反映されていません。どうにかしたい方はこちらをどうぞ。

↓  ↓  ↓

英文履歴書添削


7日間無料講座

サラッと素直に気持ちを伝えても嫌われない・それどころか好かれてしまうWin-winのコミュニケーション術「アサーション」を説明しています。短い動画とテキストでサクッと学べます。12546313_660093864133841_1666687197_o(1)

無料講座を受ける

素直にサラッと言えるコミュニケーション (メルマガ登録)

* 必須


リカ・ビヤセニョール

rp_DSC01421-240x300.jpg中学時代から言いたいことが言えなかったが、それに気が付いたのは渡米し英語で生活するようになってから。アメリカの地方新聞社で勤務できるほど英語ができるはずなのに、謙遜してしまう癖や日本人特有の思い込みから、ハッキリ伝えないと通じない社会で生きることに苦労する。

アサーションに出会ってから、これまで言語を問わず的確・具体的なコミュニケーションを図れていなかったことに気づき、コミュニケーションパターンを変えることで人生のあらゆるエリアが変わるのを体感。

その後、英語でのジャーナリズムの経験・パブリックスピーキング、コーチングで学んだことをアサーショントレーニングに組み合わ せ、独自のアサーショントレーニングプログラムを開発。詳しい経歴はこちら。
Save