すべての行動には、○○な目的がある

私は、コミュニケーションや潜在意識の仕組みについて学んだ時に、いろいろな発見がありました。

その中で一番衝撃的だったのは、これです ↓

「すべての行動には、ポジティブな目的や意図がある。」


私のメンターが口頭で言った文章をそっくりそのまま覚えています。

 

衝撃的だったから!

こう言っていました。

All behaviors have positive intentions.

You might not like them.

You might not understand them.

But they are all positive for them.

どんなにネガティブ・極悪な行動でも、どんなにあなたがその行動を理解できなくても、その人にとっては何かポジティブな理由があるんです。

 

心の奥底で。

でなければ、そんな行動をしていない。

 

 

ちなみに、日本語でうまくニュアンスが伝わっているかどうか不安なのですが、ここでの「ポジティブ」とは「良い」という意味ではありません。
「何かメリットがある」という意味と思ってください。

具体的に例をあげて説明します。

 

まず身近な例でいえば、タバコを吸う人。

タバコを百害あって一利なし。

喫煙は、一般的にはネガティブとされる行動です。(特にアメリカでは)

 

ですが、喫煙者の心の奥底ではなにかポジティブな理由があります。

「タバコが悪いと理解しているけどやめられない」

と言う人が多いと思いますが、潜在意識は「悪い」と理解していません。

理解していたらそもそも吸っていません。

潜在意識は、善悪の判断をつけることができません。

 

 

別の例。

 

自分で別れたいと言いながら、ずっとダメ男と一緒にいる友達。

あなたは理解できないかもしれません。
でも、彼女の潜在意識の中に、その男が果たすポジティブな役割があります。(関連記事はここ

 

遅刻は良くないと知っているのに、遅刻してしまうあなた。
あなたの潜在意識は、良くないとは思っていません。
遅刻することで何かを得ているはずです。
例えば「遅刻してみんなを待たせることで自分が重要であると感じることができる」など。

そして、世間的に「不道徳」あるいは「極悪」
とされる行為(犯罪も含む)にもすべてその人にとって、何らかのポジティブな理由に基づています。

よく「○○さんのことは、私には理解できない」と私たちは言います。

ですが、私のこの記事を踏まえると、理解できなくて当然です。

自分の潜在意識のことも理解できないんだから、ましてや他人の潜在意識なんか理解できなくて当たり前。

でも、どんなに理解できなくてもこれだけは理解できます。

その人は理由があって、そういう行動をとった・とっている。

それを理解するだけで、人間関係ちょっと変わります。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

関連記事

頭にインストールされたプログラム

人の気持ちが分からない。分からなくても良い。(アサーションの基本)

遅刻する理由(遅刻を辞めてほしい・遅刻をやめたい人)

[MailResaStock MailMagFree10=”Late”] [mc4wp_form id=”4210″] [aboutme me=”Late”]