【アサトレ声】自分の無理と思っていた希望が通りました。

Y様からの声をいただきました。

なお、ご本人より、写真・名前なしでの公開に関して承諾を得ております。

アンケート2

1.今回のセッションを受けた理由は何ですか?

コミュニケーショントレーニング

 

2.今回は何回目のセッションでしたか。

N/A

 

3.今回のセッションでのご感想をお聞かせください。

職場での悩み事を今回リカさんに聞いていただきました。

自分の中でどうしても言いたくていえなかった上司に対しての文句や日程、給料に対しての不満が募っていました。

リカさんに適切なアドバイスをいただきある日、思い切って長年言えなかった不満を順にそって伝えたところ、思いのほか、すんなりというか、上司がきちんときいてくれた上、自分の無理と思っていた希望も通りました。

アドバイス通り試したせいか、今は以前より良い関係になってる気もします。

自分はコミュニケーションできる方だと思っていましたが、今回はとても勉強になりました。

フレンドリーなリカさんにも感謝しています。

 

 

 

Yさんは「不満を順にそって伝えた」と書いていらっしゃりますが、正確には違います。

彼女が実際に伝えたのは、今の状況はどうであるかということと、今自分が何を望んでいるかです。

それらを感情を加えずに、淡々とステップに沿ってお話されたそうです。

個人セッションおよびグループセッションを受けていただくと、気が付くことがあります。

それは、「これを言ったら嫌われる」「これはこの人には言えない」と思っているのは自分だけかもしれない、ということです。

言ってみたら案外、どうってことがなかった、という声をたくさんいただいております。

 

人生を変えるコーチング・トレーニング


7日間無料講座

サラッと素直に気持ちを伝えても嫌われない・それどころか好かれてしまうWin-winのコミュニケーション術「アサーション」を説明しています。短い動画とテキストでサクッと学べます。 12546313_660093864133841_1666687197_o(1)

無料講座を受ける

素直にサラッと言えるコミュニケーション (メルマガ登録)

* 必須


リカ・ビヤセニョール

  米系の新聞社で勤務できるほど英語は書けるはずなのに、謙遜してしまう癖などから、うまく自己表現ができない・意見を言えない・アメリカ人の中に入っていけないと苦労する。 アサーションに出会ってからは、英語だけではなく日本語でも(本当の意味で)言いたいことを的確に伝えてこなかったことに気づき、コミュニケーションパターンを変えることで人生のあらゆる人間関係が変わるのを体感。 その後、英語でのジャーナリズムの経験・パブリックスピーキングなどで学んだことを取り入れ、アサーティブコミュニケーションのトレーニングプログラムを開発し、個人・グループ・企業に研修。 くわしくはこちら
Save

Save

Save