シャッターガラガラされない話し方

メインページ | アサーション・レッスン目次

レッスン音声

その1(顕在意識のフィルターに引っかからないようにするには)

その2(潜在意識に働きかけるには)

 

レッスン音声(MP3)・・・右クリックで保存でき、スマホ等で聞くことができます。
その1 |  その2

テキスト

シャッターガラガラされない話し方

今週のホームプレイ

先週と引き続き、お互いの目標を使ってコーチングしてください。今回のテキストに書かれた内容を踏まえ、特に質問者側は答えが具体的でなかった場合、具体的な答えをもらえるように誘導してください。「具体的にはどういうことですか?」「例えば?」等。具体的というのは相手の話を聞いて、状況を頭の中で思い描けるかどうかで判断してください。煮え切らないような答えが返ってきた場合は、「それで、どうしたいですか?」と促してみてください。

【質問リスト】
1. あなたの 3か月後のゴールは何ですか?3か月後にどうなっていたいですか。具体的に描いてください。
(もし回答者の答えを聞いてみて、頭の中にイメージを描けない場合は、「もう少し具体的に教えてください」等、回答者に質問してください。)
2. なぜそうなりたいですか?
3. 今日(または昨日)、それに向かって具体的にしたことはなんですか?
4. 明日(または今日)、それに向かって具体的にやりたいことはなんですか?
5. もしも明日(または今日)一つのことしかできなかった場合、今挙げたことは他の何よりも一番早く結果(目標達成)をもたらすものですか?もしそうでない場合、何をした方が結果が早く出ると思いますか。
6. 改善したいことはなんですか?
7. それは、やらなければいけないことですか。もし「やならければいけないこと」である場合、「あなた」がやる必要はありますか。
8.
やらなければいけないことの場合、どうすれば最速でそれを片付けることができますか?やらなくてよいことの場合、どうすれば最速で手放すことができますか?

 

air

メインページ | アサーション・レッスン目次

Save

Save