【英文添削例:詳細】「国際交流」等あいまいな表現を指摘

red

私の「英語添削&フィードバックサービス」を受けられた方の実際の添削例を紹介したいと思います。なお、プライバシーにかかわる箇所は、飛ばしております。文章中に出てくる固有名詞も、プライバシーを守るため、別の名前に変えております。

※このページは読み手のために英語の説明をするというよりも、クライアントに実際にどういうフィードバックを送っているのかのサンプルとしてのせております。

そのため、クライアントにスカイプで説明済みのものは省略しております。(それを全部書くとかなり長くなるので)。クライアントに実際に送ったものをここに載せております。

ご了承ください。

 

ビフォア

I am Rika. Welcome to my blog “Leap to the world with kids.”

アフター

I am Rika. Welcome to my blog “Take a Leap Abroad with Kids.”

 

■解説■

Leap to the world は「世界へジャンプする」で少し不自然。Take a leap だと「飛躍する、チャレンジする」というニュアンスになります。

World があいまい。「日本」も「世界」の一部なので(^^)/

Abroad は、前置詞がいりません。

◆ちなみに、ブログや本のタイトルは、各単語の一文字目が大文字になります(前置詞や冠詞は除く。)

 

 

ビフォア

In this blog, I would like to share my experiences such as what I learned through my stay in abroad, and working with foreign people in Japan.

アフター

In this blog, I would like to share my experiences, such as what I learned through my stay in abroad and also from working with foreign people in Japan. 

 

■解説■

◆すごく細かい話ですが such as は、「非制限的」に使われる場合は、前にコンマが入ります。Who やWhich などの関係代名詞で、コンマが前につくときとつかない時がありますが、それと同じルールです。今のケースだと、such as の前にコンマはいります。

“My experiences, such as A and B” となっているとき、「私の経験」はいくつもあるけど、その中の例としてAとBを挙げています。

“My experiences such as A and B” となっているとき、「AとBという私の経験」という意味になり、経験はAとBだけとなります。

and などの接続詞は基本、文章と文章を結ぶときには前にコンマを置きます。

I went to school, and I studied English.

ですが、2つの単語を結ぶときにはコンマが要りません。

I like oranges and apples.

3つ以上の単語の場合は、私が習ったジャーナリズムのスタイルではコンマがつきません。(AP Stylebook といって共同通信のスタイルで、アメリカのメディアがデフォルトで使っているスタイルブックです)なので、私はつけません。

I like oranges, apples and bananas.

ですが、多くの人は and の前にコンマをつけるようです。なので、原則として単語の場合はコンマをつけないけど、つける人もいる、と覚えておけばいいかと思います。

I like oranges, apples, and bananas.

 

 

ビフォア

Also, I would like to share the information about how to get the international experiences with kids.

アフター

In addition, I would like to share the information about how to experience other cultures in everyday life while still being in Japan with kids.

 

■解説■

Also を文頭にもっていく使い方は広く使われますが、一部の文法にうるさい人は、避ける傾向にあります。なので、In addition, に一応変えておきました。(でも、Also, でも問題ありません。)

◆元の文で、share the information と get the international experiences でthe は不要。読んでいる人には、どの情報とどういう国際経験を指すか分からないからです。

◆Get international experiences というのは少し不自然。「経験を得る」では、gain experiences と言う風に gain を使います。

◆international experiences は、お電話でお話した通り、少しぼやっとしています。日本人は「国際交流」と言う言葉が好きですが、それが何なのかわかりにくいです。もうちょっとクリアにするために、experience other cultures in everyday life while still being in Japan with kids に変えてみましたがいかがでしょうか。

◆私のパートナーのエディタに“also from working with foreign people in Japan.” の also from を付け足されました。元の文章間違ってないと思いますが、わかりやすくするためです。

 

 

ビフォア

Let me introduce myself first. I am Rika. Living in Japan with my husband and 2 little girls, one is 6, and the other is 3.

アフター

Let me introduce myself first. I am Rika. I live in Japan with my husband and 2 little girls: a 3-year-old and a 6-year-old. 

 

■解説■

◆2 little girls: a 3-year-old and a 6-year-old. のところですが、このように、何かをリストする前にコロン(:)をつけます。

◆”Living in Japan with my husband and 2 little girls.” は、incomplete sentence です。Living in Japan with my husband and 2 girls, I find it difficult to study English.” など、その後に何かが続くの出れば文法的に正しいですが、そうでないのであれば、普通に主語を動詞の現在形を入れます。

 

 

ビフォア

I love going to abroad and exchange experiences with foreign people.

アフター
I love traveling abroad and exchanging experiences with local people.

 

■解説■

◆I love going to abroad を I love traveling abroad に変えました。Going だと「ただ行くだけ」になるので、traveling の方が的確かと思いました。

◆with foreign people を with local people と変えました。その外国に住むローカルの人と交流したいっていう意味にするためにです。多分それが、Rika さんの意図するところだと思うので。Foreigners だと、たとえばアメリカに行って、そこに住む外国人(たとえばフィリピン人)のことも指すことになってしまいます。そして、その外国では、Rikaさんの方が「外国人」になります。

 

 

ビフォア

My first experience of abroad was the trip to Canada when I was a high school student. Since then, I traveled more than 20 countries and met the people around the world.

アフター

My first experience of abroad was a trip to Canada when I was a high school student. Since then, I have traveled to more than 20 countries and met the many people around the world.

 

■解説■

trip は数えられるので、a が必要。

◆ met the people around the world と最初書いてありましたが、people の前の the は不要。The people というと特定の国民を指します(多分、辞書に書いてあると思います。)ランダムにいろんな人なら、冠詞なしで people でOKです。なんとなく、文脈から「多くの人に会った」と言うことかなあと思って、一応 many を付けておきました。

 

 

ビフォア

I have stayed in Georgia, USA for 1 year to study English. After coming back to Japan from America, I worked with many foreigners through the job to invite the foreign entertainer to Japan, and working at the foreign affiliated companies.

アフター

I have lived in Georgia, United States, for 1 year to study English. After coming back to Japan from America, I worked with many foreigners, through the job to invited foreign entertainers, and worked at multinational companies.

 

■解説■

◆Georgia, United States, ….

USA は、オリンピック等では使いますが、日常会話やこういう文章では、United States にします。(新聞記事等でもそうします。)このように、「州(あるいは都市名)、国名」、「都市名、州」とするとき、かならずコンマをつけます。Los Angeles, CA などのように。
ただし、その国名や州名の後に、文章が続く場合は、あとにもコンマをつけます。

◆元の文章で、I worked with many foreigners through the job to は、「頭痛が痛い」と同じように繰り返しになる。(お電話で説明した通りです。)

◆the foreign entertainer の the は不要。読み手はどのエンターテイナーか分からないから。もし、これ以前の文章で、たとえば、ブラッドピットなどの個人名や特定のエンターテイナーの話が出ていたとした the が要ります。 そして、一人以上いるので、entertainer は複数形に。

◆お電話でお話した通り、foreign affiliated companies は、multinational companies の方がピンと来るようです。(Kayいわく。)

 

 

ビフォア

My English was trained through these jobs, and it made me able to score 900 at TOEIC test.

アフター

I got my training in English through these jobs, and I scored 900 at TOEIC test.

 

■解説■

◆「英語」という主語がトレーニングを受けたのではなく、Rikaさんがトレーニングを受けたというか習得したので、Rikaさんを主語に。

◆「そのおかげで」等、いうのではなく、Rikaさん自身が頑張ったからです。なので、自分を主語にしてOK!(自信持って言い切ってしまってよいのです(^^)/)

 

 

ビフォア

I love to study English! Studying English is not hard to me at all “Nothing is hard to a willing mind.”

アフター

I love to study English! Studying English is not hard to me at all, as we say “Nothing is hard to a willing mind.”

 

■解説■

◆こういうことわざがあるよ、という意味を強調するために、as we say を追加しておきました。

 

 

ビフォア

I wish my kids to be interested in the world, and want them to like English too like me, because the world is so much fun and broaden their world!

アフター

I want my kids to be exposed to other cultures and become interested in English just like me, because it’s so much fun to broaden our world!

 

■解説■

wish hope のニュアンスは、お電話で説明した通りです。ただ、今回の文では、hope よりもさらに、want towould like to の方が適切かと思いました。電話でもお話した通り、アメリカでは全然 want できつくないです。(普通です。)特にブログなら、フォーマルに書く必要はないので、want でOK。ただ、抵抗あるのなら、 would like で良いかと思います。◆just like me のjust は、単なる強調で入れただけでなくてもOK.

◆it’s so much fun to broaden our world! Our に変えたのは、子供たちにとってというよりも、みんなにとって楽しいという一般的なことを言っているステートメントだからです。

 

 

ビフォア

However, child does not know parents heart! My kids sometimes reject by all of their force what I thought good for them. Not only learning English, but also in daily life, raising children is always trial and error. I’m looking for what is suitable for my children. What kind of experience or study they would love to?

アフター

However, children do not know understand why parents want good things for them! My kids sometimes reject with all of their force what I think is good for them. Not only my wish for them to learn English, but also they resist many things in daily life. Raising children is always trial and error. I’m constantly constantly looking for what is suitable for my children. What kind of experiences or studies, which I think would be good for them, would they love?

 

■解説■

(省略)

 

 

ビフォア

There are too many choices and information in this internet society. 

アフター

There are too many choices and too much information in this Internet society.

 

■解説■

◆元の文では、too many choices and information とありましたが、information は数えられないので、正しくは too much information.

Internet は大文字です。(これ、ネイティブでも間違っている人もいるかもしれませんが、正式には大文字で、前に the が付きます。辞書引いてみるとお分かりになると思います。 例文:The history of the Internet begins with the development of electronic computers in the 1950s. )今のケースでは、this がついているので、the はいりません。

 

 

ビフォア

It is so difficult to find the proper answer. I think most of the parents experience this feeling much or less. In this blog, I would like to share what arouse my interest, or what I and my kids really experienced from the plenty of information.

アフター

It is very difficult to find the right answer. I think most of the parents experience this feeling more or less. In this blog, I would like to share what pique my interest.

 

■解説■

◆proper answer というよりも、個人的には right answer の方がしっくりきます。うまく説明できませんが、proper は世間的に見てとか、周りから見て適切みたいな感じがします。時には、proper ではなくてもその人にとって良いことや正しいことがあると思うので、right かなあと。でも、もちろん、同意できなければproper に戻してもらってOKです。

what pique my interest はよくある表現です。

◆ Based on から後の部分は、Kay からのsuggestion です。

 

 

ビフォア

I have many experiences and special information especially about studying English and international exchange. I hope these information will help you in somehow. Thank you for reading my blog, and enjoy!

アフター

I have many experiences and special information especially about studying English and international exchange. I hope this information will help you in somehow.

Based on my experience, I will share the best information and opportunities I have found about ways to expose kids to learning English and obtaining knowledge about other nations.

 

■解説■

◆ I have many experiences やspecial information というのが、ぼやっとして聞こえます。◆ Somehow の前にin は不要です。◆ 元の文章にthese information とありましたが、information は数えられないので、this

Save