衝撃!言いたいことをサラッと言えるようになり、変わったこと3つ(アフター)

  この記事を読む前にまず、こちらをお読みください。 「言いたいことが言えない」と感じる日本人の皆さんへ アサーションとは 言いたいことが言えないとどうなったか(個人的体験)   この記事では、そもそも、なぜ「アサーションを学ぶとよいのか」について、私個人の経験について書きます。

言いたいことが言えない(言いたいことを言わない)とどうなるか(個人的体験)

  この記事を読む前に、以下の記事をお読みください。 「言いたいことが言えない」と感じる日本人の皆さんへ アサーションとは   さて、この記事では、アサーション(アサーティブコミュニケーション、アサーティブネス)を学ぶ前、私はどういう状態だったのかについて書きたいと思います。  

「言いたいことが言えない」と感じる日本人の皆さんへ

  わたしは“アサーション”というコミュニケーションスキルと考え方を、日本人の間に広めたいと思っています。

○○さんは、私のことをいつも批判ばかりするから嫌なんですよねぇ。

今日の記事に変なタイトルをつけてしまいました。 タイトルのような文章を誰かに言ったことはありませんか?    

「答え」が先にあって、現実をそれに合わせている。

以前、私が運営するグループのアサーティブコミュニケーショントレーニングの相談会で出てきた話題についてシェアします。 それは、「私たち大人は答えを先に持っていて、その答えに合うように出来事を解釈する」ということです。

すべての行動には、○○な目的がある

私は、コミュニケーションや潜在意識の仕組みについて学んだ時に、いろいろな発見がありました。 その中で一番衝撃的だったのは、これです ↓ 「すべての行動には、ポジティブな目的や意図がある。」