サービス同意書

本同意書は、RK Communications Network, Inc. ㈱アールケイコミュニケーションズネットワーク(以下「当社」という)が提供するプログラムを受ける方(以下「クライアント」という)と当社との間のプロ グラムの提供に関わる全ての関係に適用します。

第1条(定義)

本同意書において、当社のプログラムを受けるための申し込みをし、当社がプログラムを提供することを承諾した者を「クライアント」とし、当社が紹介するプログラムの実行担当者を「スタッフ」と定義します。

第2条(個人情報)

  1. 当社における個人情報とは、当社のプログラムを通じて提供して頂きました「氏名」「住所」「電話番号」「メールアドレス」「その他の記述」など、お客様個人を識別できる情報をいいます。

2. 当社及びスタッフは、クライアントの個人情報に対して守秘義務を有するものとし、この義務を遵守するものとします。nbsp;

第3条(個人情報の利用目的)

クライアントから提供された個人情報は、以下の目的で利用するものとします。

(1)当社が取り扱うプログラムに関連する契約の履行、情報の提供。

(2)上記の情報・プログラム提供のための電子メール等による営業活動及びアンケート調査等によるマーケティング活動及びプログラム向上の研究開発のため。

(3)その他、クライアントとの取引を円滑に行うため。

第4条(個人情報の第三者への開示)

当社は、以下のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者へ開示または提供しません。

(1)ご本人の同意がある場合

(2)統計的なデータなどご本人を識別することができない状態で開示・提供する場合

(3)法令に基づき開示・提供を求められた場合

(4)人の生命、身体または財産の保護のために必要な場合であって、ご本人の同意を得ることが困難である場合

(5)国または地方公共団体等が公的な事務を実施するうえで、協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合

(6)当社が営業の全部又は一部を第三者に譲渡するか、または分社化する場合で、当社から営業譲渡を受けた第三者又は分社した会社に譲渡する場合

(7)クライアントへのプログラム提供のために必要であると当社が合理的に判断した場合

第5条(機密情報)

1. 「機密情報」とは、クライアントが当社からプログラムを受けている事実、及びプログラムを実施している中でクライアントから話された全ての情報をいいます。

2. 当社及びスタッフは、クライアントの機密情報に対して守秘義務を有するものとし、この義務を遵守するものとします。

第6条(本同意書の変更)

1. 当社は、本同意書を必要に応じて変更、追加、削除することができるものとし、当社が合理的と考える方法によりクライアントに通知します。

2. 本同意書に変更がなされたことが通知された後にクライアントがプログラムの提供を受けることを継続した場合は、本同意書の変更を承諾したものとみなします。

第7条(契約内容と料金)

1. クライアントは、本同意書に記載された契約条件においてプログラムを受けることができるものとします。クライアントは、原則として、プログラム提供の料金を契約条件に記載された期日までに支払うものとし、該当期間に入ったときには、第7条に記載の理由以外では支払額の返還の請求ができないものとします。

2. 当社は、クライアントに対し、契約条件に記載されたプログラムを実施するものとします。なお、やむおえない理由により契約条件で定めたプログラムの提供が されなかった場合は、当該期間を超えて最大2ヶ月間まで保留するものとし、提供されなかったプログラムの費用を返金することはないものとします。

3. セッションの予約日時にセッションを受けることができない場合、24時間前以内に連絡がなかった場合は25ドルのキャンセル料金が発生し、リスケジュールはできないものとします。ただし、いったんセッションが始まってから、コミュニケーションの手段として使用するコンピューター・電話・Skype等の不具合により、セッションが難しいと判断した場合、および家族や本人の医学的な緊急事態が発生した場合を除きます。

4.当社およびスタッフは、独自の判断によりサービスをキャンセルする権利があります。その場合は、キャンセルするまでの期間に該当する料金のみ支払うものとします。

5. 不渡りの小切手や分割払いの際に銀行に十分な資金がないためなどの理由で支払いが拒否された場合(declined payment)、25ドルの手数料が生じます。

第8条(知的財産権等の侵害の禁止)

  1. クライアントは、プログラムで使用する資料等の管理、使用には責任を持ち、当社及びスタッフ、ならびに他のクライアントに損害を与えないものとします。また、プログラムで使用する資料等の紛失、盗用、貸与等によって生じた損害について一切の責任を負うものとします。

2. クライアントは、プログラムで使用する資料等に関する知的財産権が当社に帰属していることを承知し、当社の権利を侵害しないものとします。

3. クライアントは、プログラムで使用する資料等を複製して他者(単独及び複数を問わず)へ貸与、譲渡、公開する行為はできないものとします。また、当社の許可なく、録音・録画は行わないものとします。

第9条(損害賠償)

1. 当社及びスタッフは、プログラムの提供に際し発生したクライアントの損害に対して、当社及びスタッフに故意又は重過失がある場合に限り責任を負うものとします。当社及びスタッフが責任を負う場合の損害賠償額は、1年以内に支払われたプログラムの料金を上限とします。

2. クライアントが本同意書に反した行為又は不正もしくは違法な行為によって当社及びスタッフに損害を与えた場合、当社は当該クライアントに対して損害賠償の請求を行うことができるものとします。

3. 当社及びスタッフがクライアントのプログラムの提供を受ける権利を取り消しまたは、プログラムで使用する資料等の返還を求めたことにつき、当社は理由の如何を問わず一切の損害賠償義務及びプログラム料返還義務を負わないものとします。

第10条(解約について)

1. クライアントがプログラムの提供を受ける前に解約する場合は、解約の手続きを行い、プログラムで使用する資料等を返却するものとします。

2. クライアントが第7条の第1項に定められた期間を満了する前にプログラムの提供を解約する場合は、速やかにその旨を申し出るものとします。プログラム料金の返還は第7条の規定に従うものとします。

第11条(法律の適用、公序良俗の遵守)

クライアントは、アメリカ合衆国ならびにカリフォルニア州の法令に従うものとします。また、クライアントの言動が、公序良俗に反する場合、アメリカ合衆国ならびにカリフォルニア州の法令に抵触する場合、当社及びスタッフはクライアントへのプログラム提供を直ちに停止することができます。

第12条(合意管轄)

当社及びスタッフとクライアントとの間で紛争が生じた場合、カリフォルニア州の地裁を専属的合意管轄裁判所とします。