英語コミュニケーションに関するブログ記事

英語でのコミュニケーションに関する記事です。

最新ブログ記事

「私、英語がうまくないので」って別に言わなくてもいいと思う。

最近、よく思ったことがあるのでシェアします。 このブログを読んでいる人って、多分ほとんど日本人で日本語を母国語 Read More …

コメントなし

「伝われば」いいって言ってるやん

以前に、「伝われば英語が完璧でなくてもいい。 ネイティブみたいに話せ(話さな)くても良い。 伝わることの方が大 Read More …

コメントなし

英語のユーモアスピーチコンテストのファイナルに出た経験について書きます。

かなり時間がたってしまいましたが、3週間ほど前、ユーモアスピーチコンテストのファイナルに出場しました。 &nb Read More …

コメントなし

冠詞についてのおすすめのワークブック(インスタ)

from Instagram   日本語には、a や the などの冠詞がないため、長年アメリカに住 Read More …

コメントなし

英語のユーモア・スピーチコンテストに出てみて分かったこと。

リカ系コミュニケーション(Assertive communication / アサーティブコミュニケーション) Read More …

コメントなし

アメリカでのハグとほっぺチュー問題

  私はアメリカに来てもう20年近く経ちますが、どうもいまだに慣れてない・分からんことがあります。 Read More …

コメントなし

 

英語でのコミュニケーションに関する記事目次

以前に別のブログ(アメーバブログ)で書いたものや違う時期に書いたものを、のちに関連する内容とごとにまとめました。そのため、内容がかぶっているものや 当時のライティングスキルが低いために、伝わりにくい記事もあります。これから少しずつ書き直していく予定ですので、ご了承ください。

★・・・このサイト内のブログ
(アメブロ)・・・アメブロ内のブログ

日常での英語でのコミュニケーション

英会話が苦手な人は、○○を忘れている(アメブロ)

「私、英語がうまくないので」って別に言わなくてもいいと思う。★

「伝われば」いいって言ってるやん★

「スモールトーク(雑談)が苦手です」と言う方が知っておくと楽になるかもしれない考え方★

アメリカでのハグとほっぺチュー問題★

パブリックスピーキング(人前で堂々とスピーチするコツ)

英語のユーモアスピーチコンテストのファイナルに出た経験について書きます★

英語のユーモア・スピーチコンテストに出てみて分かったこと★

人前で話すこと(アメブロ)

人前で話すのが苦手な人がやるべきこと(アメブロ)

英語が完璧じゃなくても人前でスピーチもコメディもできる。(アメブロ)

アメリカ人はなぜプレゼンがうまいのか(たいした内容なくても・・・・笑)★

英語スピーチコンテストでも入賞できちゃうようなスピーチのコツをちょっとだけシェアします。★

人は変わる:人と話すと緊張しまくっていた人が、英語の団体のトップにもなれた。★

大勢に対してメッセージを発信する場合は、○○を思い浮かべて話す・書くと響きますよ(アメブロ)

良いスピーカーになりたかったら、ユーモアを入れてみて(アメブロ)

てっとり早くユーモアを使う方法(メルマガ)

Cherish a gift called today(アメブロ)

Assertive yourself effectively(アメブロ)

TEDに出る方法 (アメブロ)

ライティングのコツ

英文ライティングの基本の基本の基本を学ぶには(アメブロ)

英語が間違っていても良い文章は書ける・・・でも、これは重要だと思う。(アメブロ)

冠詞についてのおすすめのワークブック★


7日間無料講座

サラッと素直に気持ちを伝えても嫌われない・それどころか好かれてしまうWin-winのコミュニケーション術「アサーション」を説明しています。短い動画とテキストでサクッと学べます。 12546313_660093864133841_1666687197_o(1)

無料講座を受ける

素直にサラッと言えるコミュニケーション (メルマガ登録)

* 必須


リカ・ビヤセニョール

  米系の新聞社で勤務できるほど英語は書けるはずなのに、謙遜してしまう癖などから、うまく自己表現ができない・意見を言えない・アメリカ人の中に入っていけないと苦労する。 アサーションに出会ってからは、英語だけではなく日本語でも(本当の意味で)言いたいことを的確に伝えてこなかったことに気づき、コミュニケーションパターンを変えることで人生のあらゆる人間関係が変わるのを体感。 その後、英語でのジャーナリズムの経験・パブリックスピーキングなどで学んだことを取り入れ、アサーティブコミュニケーションのトレーニングプログラムを開発し、個人・グループ・企業に研修。 くわしくはこちら
Save

 

Save