【アサーティブDay6】自分で決める

*この「アサーティブな一言」はプログラム参加者に送るメルマガのバックアップです。プログラムに参加していない方が読んでも意味が分からない部分もありますのでご了承ください。

 

今日ご紹介する「アサーティブな考え方」はこちら↓

 

私は何をやって何をやらないのかを自分で決めます。

同じことの繰り返しになりますが、あなたは自分でやること・やらないことを決めています。

この「考え方」を口に出して唱えることで、これから更に「意識的」に自分の言動を選ぶ感覚が身についてくると思います。

 

 

時に、あなたは自分の意志でアサーティブではないことを選択することもあるでしょう。

それもOKです。

 

 

どのスタイルを選んでも、あなたが自分の意志で選んでいるという感覚が重要です。

 

 

「Aさんがショッピングに一緒に来てくれないかな、と誘ってきた。

Aさんは明日出席するパーティの服を探すのに助けが欲しい、とのこと。

私はあまりショッピングに興味がない。

でも、Aさんは大切な友達だし、彼女が私を必要としているのなら、私は行こう。」

 

 

このように決断することは、「Aさんが頼んだから私はいかなければならなかった」というよりも、ずっとストレスがたまりませんよね( ^^)

 

 

***

「アサーションと言えばリカさん」

リカ・ビヤセニョール