冠詞についてのおすすめのワークブック(インスタ)

In Japanese, we don't have articles such as "a/an" and "the." We also do not have singular/plural forms. That is why we drop those sometimes :( 冠詞が苦手な日本人にこの本お勧めします。薄っぺらいから、とっつきやすい。Amazonで10ドルくらいですね。最初は a で、2回目から the ってよく英語のクラスで説明されていたと思いますが、それ以上にいろんなルールがあるようですよ(全部は覚えられないし、英語には例外もたくさんありますが。) #ESL #articles #englishlearner #japaneseenglish #japanglish #英語文法 #ロサンゼルス #アサーティブ #アメリカ #英語スピーチ #英語コミュニケーション #アメリカ
from Instagram

 

日本語には、a や the などの冠詞がないため、長年アメリカに住んでいる方でもどうしても苦手という人が多いです。

そんな方のために、薄っぺらく手とっつきやすい本を紹介します。

こちらです。

 

 

日本の英語のクラスでは、最初に出てきたものには a をつけ、二回目からは the をつける、というような説明をされたと思います。

 

ですが、冠詞にはもっとたくさんルールがあります。

もちろん、英語はルールの例外がたくさんあるので、ある程度のところ以上は感覚を身に着けるしかありません。

 

でも、「ある程度」のところまでは、ルールを学ぶことでなんとなく身に付きます。

お試しあれ。

 


7日間無料講座

サラッと素直に気持ちを伝えても嫌われない・それどころか好かれてしまうWin-winのコミュニケーション術「アサーション」を説明しています。短い動画とテキストでサクッと学べます。12546313_660093864133841_1666687197_o(1)

無料講座を受ける

素直にサラッと言えるコミュニケーション (メルマガ登録)

* 必須


リカ・ビヤセニョール

rp_DSC01421-240x300.jpg中学時代から言いたいことが言えなかったが、それに気が付いたのは渡米し英語で生活するようになってから。アメリカの地方新聞社で勤務できるほど英語ができるはずなのに、謙遜してしまう癖や日本人特有の思い込みから、ハッキリ伝えないと通じない社会で生きることに苦労する。

アサーションに出会ってから、これまで言語を問わず的確・具体的なコミュニケーションを図れていなかったことに気づき、コミュニケーションパターンを変えることで人生のあらゆるエリアが変わるのを体感。

その後、英語でのジャーナリズムの経験・パブリックスピーキング、コーチングで学んだことをアサーショントレーニングに組み合わ せ、独自のアサーショントレーニングプログラムを開発。詳しい経歴はこちら。
Save