【アサーションレッスン4】ゴールとスタイルを一致させよう

コミュニケーションのゴールとスタイルを一致させる

第4回目の今日は、「ゴールとスタイルを一致させよう」というお話です。

今日は、動画つきです。

 

何でも原因と結果がある。

さて、物事には「原因」と「結果」がありますよね。

コミュニケーションも同じ。

そして同じ「原因」を作っていたら、通常、同じ「結果」が返ってきますよね。

 

同じパターンを繰り返せば、同じ結果が待っています。

人間関係を変えたいなら、コミュニケーションパターンを変える必要があります。

コミュニケーションパターンを変えると、がらっと面白いくらいに人間関係が変わります。

 

被害者意識は役に立たない

でも、あなたは「相手が悪いから、相手が変わるべきだ」と思うかもしれません。

残念なお知らせが一つあります。

それは、月並みな表現ですが、私たちは他人を変えることはできません。

変えることができるのは自分のみ。

相手を変えようという執着を手放して自分のことにフォーカスしてみましょう。

すると不思議なことに、あなたのパターンが変わるため、ほとんどのケース相手も変わるんです。

本当に、面白いくらいに。

 

勿論、たま~に相手が厄介で変わってくれないこともありますよ。

でも、そんなケースでも、あなたの捉え方が変わるため、気にならなくなります。

そしてあなたは被害者意識から抜け出し、人生の主導権を自分に戻すことができるんです。

 

アサーション・レッスン3 | 【アサーション無料レッスン】目次に戻る | アサーション・レッスン5