「知っているけど、できたらとっくの昔にやっている」が正しくない理由

よく誰かのアドバイスに対して

「そんなこと言われなくても分かっている。

だけど、それができたらとっくにやっている」とおっしゃる方がいらっしゃいます。

それは

10%正しいですが、

90%正しくない!

 

 

なぜなら、これは頭(顕在意識)でわかっているけど、

心の奥底(潜在意識)からわかってないということだから。

顕在意識は意識の10%で、潜在意識は90%だから。(この割合に関しては、諸説があります。)

(注意:まだ慣れていないころに撮ったので棒読みです笑!)

 

 

なので、正しくは、

そんなことは10%は分かっている。

でも90%が分かってないから今のところやってない

というべきです。

 

 

人とか状況とかのせいで「できない」じゃないんですよ

あなた「やってない」んですよ。

何らかの理由で。潜在意識ではわかっていない

 

 

意識の100%が本当に分かっていたら、

その人が言うとおり、

とっくの昔にやっているはず。

それに、こんな会話すらないはず。

 

 

そして本当に「やりたい」と思っていることをやりたいのなら、

できないことを正当化することに躍起にならないほうがいいです。

 

 

できないことを正当するヒマがあったら

「知っている」「わかっている」という言葉は、

私たちの気づきや成長を止めます。

(あと、「それができたらいいんだけどね」も。)

 

だから、90%がどうして「やりたくない」と思っているのかをまずさぐってみて

その90%に「やるメリット」を納得させる方が賢いのですよ。「知っているよう」で、知っていない

 

 

このまま変わらなくてもいい、って言うんだったら、

どうぞ、ご自由に言い続けて下さい~

「そんなこと言われなくても知っている」って。

 

 

それはそれで、

潜在意識的に何等かのベネフィット(利点)があるようです。

でも言い続けるんだったら、その結果については自己責任でお願いします。

 

人のせいにするな。

 


7日間無料講座

サラッと素直に気持ちを伝えても嫌われない・それどころか好かれてしまうWin-winのコミュニケーション術「アサーション」を説明しています。短い動画とテキストでサクッと学べます。 12546313_660093864133841_1666687197_o(1)

無料講座を受ける

素直にサラッと言えるコミュニケーション (メルマガ登録)

* 必須


リカ・ビヤセニョール

  米系の新聞社で勤務できるほど英語は書けるはずなのに、謙遜してしまう癖などから、うまく自己表現ができない・意見を言えない・アメリカ人の中に入っていけないと苦労する。 アサーションに出会ってからは、英語だけではなく日本語でも(本当の意味で)言いたいことを的確に伝えてこなかったことに気づき、コミュニケーションパターンを変えることで人生のあらゆる人間関係が変わるのを体感。 その後、英語でのジャーナリズムの経験・パブリックスピーキングなどで学んだことを取り入れ、アサーティブコミュニケーションのトレーニングプログラムを開発し、個人・グループ・企業に研修。 くわしくはこちら
Save

Save

Save

Save