リラックスすると何でも解決する!

リラックスしていると何でも解決する。

私はコミュニケーションのコーチングやトレーニング以外に、全般的に習慣改善のコーチングも提供しています(裏メニュー)。

 

ですので、私のところにいろんなことを「解決」するために、いろんな方がいらっしゃいます。

その人たちが持っている「悩み」や「問題」や「シチュエーション」はバラバラです。

そしてそのためのアプローチは人や状況によって変わってきます。

でも、どういうシチュエーションであれ、「リラックス」することで問題解決が早まります。
(緊張感がない・リラックスすしすぎ、という状態はまた別の投稿でお話します)

 

プレゼン 緊張 リラックス

あがり症の場合(プレゼンで緊張してしまう、など)

例えば、あがり症の人の場合、緊張してしまうことが問題です。

私たちは、緊張しながらリラックスを同時にすることができません

逆に考えると、リラックスしながら緊張することはできません。

そのため、

リラックスしていると緊張しません。

 

 

 

痛みの場合

身体の痛みの場合。(例えば出産前の陣痛)。

緊張というのは、力が入っている状態のこと。

痛みは力を入れれば入れるほど、痛くなります。

だからその反対、

リラックスしていれば、痛みは軽減します。

 

 

リラックス ストレス対処 アサーション

ダイエットや禁煙の場合

人と場合によりますが、ついつい食べ過ぎてしまう人や、タバコを吸っていしまう人の理由を考えてみましょう。

多くのケースで(すべてがそうとは限りませんが)、タバコや特定の食べ物あるいは食べるという行為を「ストレス解消」だと思い込んでいます。

食べ過ぎもタバコも、あなたをリラックスさせるどころかもっとストレスを与えるのに。

ですから、食べ物やタバコに依存している人は、本来の意味での「リラックス方法」を身につければ悪い癖をなくすことができます。

その他、何かに対する「恐れ」や不眠症なども、リラックスする方法を学べば、かなり改善できます。

リラックスすることは、本当に大切なんです。

 

 

ストレスを軽くするアサーショントレーニング

コミュニケーションの問題がある場合(アサーションにも良い)

コミュニケーションと「ストレス」は大いに関連しています。

コミュニケーションの問題の多くは、「ストレス反応」の結果として起こります。

本人は気が付いていないかもしれませんが、ストレスがたまっているんです。

あるいは、その状況をあなたの意識が「ストレスを引き起こす危機的状況」とみなしているのです。

だから、そのストレスの対処方法として、あなたは関係のない人にガミガミ言ってしまったり、逆に、言いたいことを言えずため込んで鬱になるのです。

だから、リラックスするとコミュニケーションの問題が解決されます。

 

リラックスするとはどういうことか(身体編)

それでは、どうすればリラックスできるのでしょうか。

多くの人は「リラックスする」ということがどうことであるか、ご存知かと思います。

 

ですが、時々「リラックスしたことがない」「リラックスする感覚がどういうものか分からない」という方がいらっしゃいます。

そういう方に、「じゃあマッサージ受けた時はリラックスしませんか」

「自然、例えば海や山でリラックスしたことは?」

と聞いたとしても当然、「分かりません」」とのお答えが返ってきます。

 

・・・まあそうですよね。

それが分かんないから、リラックスしたことがないっておっしゃっているんだから。

 

体から力を抜く方法

ID-100143448

まず、立って全身を引っ張るように思いっきり手を上にのばしてみてください。

思いっきり伸ばして下さい。

もっと伸ばして下さい。もっと、もっと・・・・。

写真のように。

 

そして、一気に力を抜いてください。

腕がだらんと下に下がります。

この時に、手がジンジンとした感覚をしていませんでしょうか。

その状態が「リラックスしている状態」です。

余計な力が入ってない状態です。

分かりましたでしょうか???

 

全身から徐々に力を抜いていく

次に全身をリラックスする方法を説明します。

ベッドかどこかに横になってください。

そして、足(足の付け根からつま先まで)に力を思いっきり入れてください。

そして一気に力を抜く。

 

次にお腹に力を入れて、一気に抜く。

次に、胸部・方と腕・手・指に力を入れていって、一気に抜く。

次に顔の筋肉に力を入れていって、一気に抜く。

これで全身から余分な力が抜けました。

この状態が「身体がリラックスしている状態」です。

そして深呼吸を何度かしてみてください。

リラックスしている時は呼吸がゆったりと落ち着いたリズムになっています。

 

リラックスするとはどういうことか(マインド編)

体からリラックスすることは重要ですが、心もリラックスすることが大切です。

心がリラックスしているとはどういうことでしょうか。

 

心をリラックスするということを、一言で表すと・・・・

・・・ぼーっとすること!

リラックス ストレス対処

 

これはなかなか簡単そうで難しいかもしれません。

私たち人間は、毎日、毎時間、毎分、何かを考えています。

その思考の数は、びっくりするほどです。

暇があったら一度、朝起きてから夜寝るまで何か考えが浮かぶたびにノートに書いてみてください。

一時間も持たないかもしれません。

(私も一度やってみましたがすぐ、ギブしました。)

 

私たちは絶えず、いろんな事に対してジャッジメントを無意識にしています。

時にはポジティブなこともありますし、時にはネガティブなこともあります。

でも別にそれは当たり前のことで、ポジティブが良く、ネガティブが悪いということではありません。

 

ただ、私たちがストレスをためてしまうのは、浮かんできた考えに「とらわれて」どんどん考え「過ぎて」しまうことです。

あるいは、浮かんできた考えを否定しようとするけど否定できずに自己嫌悪になること。

私たちは禁止されると余計にやりたくなるという性質を持っています。

そのため、考えを否定すると余計考えてしまいます。

 

毎日できるトレーニング

なので、心をリラックスしてストレスをためないようにするには、毎日5分間、以下のトレーニングをすると有効です。

このトレーニングは、一種の「瞑想」みたいなものですが、スピリチュアルな意味合いは全くございません。

5分でも10分でも、時間を決めて、タイマーをセットしてください。

 

目を閉じます。

そして呼吸に注意を払います。

その際に、いろんな考えが浮かんでくるかもしれません。

それらの考え事に注意を払う必要はありません。

かといって、「注意をはらうもんか」と思う必要もありません。

ただ自然に、あるがままにしています。

 

ID-100345602

海にいて砂浜を歩いている時に、波が来ては引いていくのが視界に入ってくるけど、特に何もしないイメージです。

波が来るのや引いていくのを止めることはできませんよね。

できないし、別にそうする必要もありませんよね。

だから私たちは、「波が来ては引いて行っているな」と思うだけです。

それと同様、ご自分の中で浮かんでは消えていく考えについてもこう思ってみてください。

「あ、考えが浮かんでは消えていくな」

 

これを5分なり10分なりやってみてください。

ずっと練習し続けると、イライラすることがすくなくなり、ストレスも減りますよ。

これが、心のリラックス方法です。

 

 

私が提供するアサーショントレーニングでも、ストレスについてお話しております。

ストレスは「無意識」の領域に入りますが、無意識の部分を変えていかないと、意識的な行動はなかなか変えられないからです。

ストレス対処は、コミュニケーション能力の改善のためにものすごく重要です!

 

 

関連記事: 

この世から”ストレス”がなくなるとどうなるか

こんまりメソッドをやってみたらこんな副作用があった。

考えすぎの人は体にも力が入っている

 

 


7日間無料講座

サラッと素直に気持ちを伝えても嫌われない・それどころか好かれてしまうWin-winのコミュニケーション術「アサーション」を説明しています。短い動画とテキストでサクッと学べます。 12546313_660093864133841_1666687197_o(1)

無料講座を受ける

素直にサラッと言えるコミュニケーション (メルマガ登録)

* 必須


リカ・ビヤセニョール

  米系の新聞社で勤務できるほど英語は書けるはずなのに、謙遜してしまう癖などから、うまく自己表現ができない・意見を言えない・アメリカ人の中に入っていけないと苦労する。 アサーションに出会ってからは、英語だけではなく日本語でも(本当の意味で)言いたいことを的確に伝えてこなかったことに気づき、コミュニケーションパターンを変えることで人生のあらゆる人間関係が変わるのを体感。 その後、英語でのジャーナリズムの経験・パブリックスピーキングなどで学んだことを取り入れ、アサーティブコミュニケーションのトレーニングプログラムを開発し、個人・グループ・企業に研修。 くわしくはこちら
Save