【履歴書添削】嫌味なく、相手と対等な立場で表現されている文章に変わりました。

英語添削1

仕事関係のレターの添削をした際のご感想をいただきました。

Q1.サービスを受ける前の英文はどのような状態でしたか。

文法的にはほとんど合っていましたが、ちょっとくどい表現や、相手を責める(と取られかねない)表現がありました。

 

Q2.校正後、どのように変わりましたか。

英文として、すっきりして、且つ、こちらの伝えたい事が、嫌味なく、相手と対等な立場で表現されている文章に変わりました。

 

Q3.その他、サービスに関してご感想があれば、教えてください。

添削のレベルがとても高い(細かい、丁寧、わかりやすい)と思います。

英文の間違えではなくて、内容や「言い方」についても添削しております。

ちょっとしたことなのですが、言い方を変えると英文から受ける印象がガラッと変わります。

そして印象が変わると、相手の行動にも影響を受けるときがあります。

抵抗心を招くと、協力してもらえなくなりますからね。

 

人生を変えるコーチング・トレーニング


7日間無料講座

サラッと素直に気持ちを伝えても嫌われない・それどころか好かれてしまうWin-winのコミュニケーション術「アサーション」を説明しています。短い動画とテキストでサクッと学べます。12546313_660093864133841_1666687197_o(1)

無料講座を受ける

素直にサラッと言えるコミュニケーション (メルマガ登録)

* 必須


リカ・ビヤセニョール

rp_DSC01421-240x300.jpg中学時代から言いたいことが言えなかったが、それに気が付いたのは渡米し英語で生活するようになってから。アメリカの地方新聞社で勤務できるほど英語ができるはずなのに、謙遜してしまう癖や日本人特有の思い込みから、ハッキリ伝えないと通じない社会で生きることに苦労する。

アサーションに出会ってから、これまで言語を問わず的確・具体的なコミュニケーションを図れていなかったことに気づき、コミュニケーションパターンを変えることで人生のあらゆるエリアが変わるのを体感。

その後、英語でのジャーナリズムの経験・パブリックスピーキング、コーチングで学んだことをアサーショントレーニングに組み合わ せ、独自のアサーショントレーニングプログラムを開発。詳しい経歴はこちら。
Save

]

Save