「スモールトーク(雑談)が苦手です」と言う方が知っておくと楽になるかもしれない考え方

最近、うちの娘とどこかに行くことによって、私が友達を作るケースが増えてきました。

公園のみならず。

 

うちの娘、良く喋るのです。

どこに行ってもとりあえずそこにいる人たちに片っ端から話しかける。

 

それが良いことか悪いことかは別として(笑)、気が付いたら大人数人に囲まれてなんやら熱弁していたり、子供数人集めて(特に男の子)遊びの指示を与えています。

「私が今から逃げるからアンタは追いかけなさい、でも先に滑り台を滑ってからグルって回って追っかけなさい」というような細かい(面倒くさい)指示を与えています (^^;

 

 

 

で、最近気が付いたこと。

 

子供がいるから出会いがないと思っていた時期もありましたが、それは大間違い。

 

うちの娘がいろんな人をひっかけてくるので、ママも知らん人と話す機会が増えてきて出会いが増えました。

で、その中で仲良くなってまた会いましょうとなる人も増えてきた。

 

 

 

たいてい娘が、”Hi.” とそこら辺の人に話しかけると“Cute boots” (そのブーツ可愛いね)」と相手に言われて、そこから会話が始まります。
(スモールトークってやつですね。)

12898255_1700439876892107_6292752514077572994_o

近所の方の犬を散歩させてもらう時もあるのですが、その時は “Cute dog. Is it he or she?” (可愛い犬ですね。オスですか。メスですか)から会話が始まります。

 

日本では、こういう風に知らん人に話しかけるということはよくあるのかないのか分かりませんが(多分ないとみた)、アメリカでは日常茶飯事です。

 

 

一人でいてもわりかし話しかけられます。

コンピューターで日本語打っていると、「それは何語ですか?」などと隣の席の人に話しかけたりなど。

12525543_1697304877205607_466906624832483659_o

 

アメリカ在住の日本人によくある悩み

 

私の英語塾やアサーションで、よく

「雑談(スモールトーク)が苦手・会話が続かず、悩んでいます。どうすればよいですか」

という質問をされることがあります。

 

特にアメリカに住んでいる日本人からの方が多いですね。

 

 

アメリカでは、スモールトークは立派な ビジネススキル

として重視されています。

(日本でもそうかもしれませんが。)

 

 

ですが、なんかアメリカ人とのスモールトークが続かないからどうしようと思っているアメリカ在住の日本人がビックリするほど多いです。

 

 

 

お答えします。

 

 

私の考えは・・・・

 

別に続かなくてよい(笑)

linecamera_shareimage

 

スモールトークとは、本来こういうもの

なぜなら、スモールトークの目的を理解すれば、別に悩む必要はないということが分かります。

 

スモールトークは、これから仲良くなる人を品定めするためのステップだから。

 

「品定め」というと言葉が悪いかもしれないし、その言葉にとらわれずに自然に会話に集中してほしいのですが、つまりは・・・

 

 

「続かなかったらどうしよう」もなにも

 

会話が続く・会話をもっと続けたい人を探す過程そのものがスモールトークですよ。

 

なので、会話が続く人と続かない人がいて当たり前。

 

 

そういうものだから。

 

そこで悩むことに意味がない。

 

 

 

しかも、全員と会話が続かなければいけない・盛り上がらなければいけないと思っていると、逆に続きません。

でも続かなくてよいと思っていれば、自然体で話せて目の前の会話に集中できるから、続くし楽しめるんですよ。

 

 

ただ、スモールトークは「スキル」として練習することはできます。

また会話を続けたければ続きやすくする質問・応答の仕方(というっても超簡単ですが)と、会話を続けたくない時(そういう時もありますよね)に、どうやってするかも知っていると良いかもしれません。

他人を会話で操作するためではなくて、安心して深く考えずに会話を楽しめるように。

 

英語スリム化塾かアサーショントレーニングで、練習できますのでご興味のある方はぜひ。

英語スリム化塾

言いたいことが言えない人のための「アサーショントレーニング」

単発お試しセッション

 

 


7日間無料講座

サラッと素直に気持ちを伝えても嫌われない・それどころか好かれてしまうWin-winのコミュニケーション術「アサーション」を説明しています。短い動画とテキストでサクッと学べます。 12546313_660093864133841_1666687197_o(1)

無料講座を受ける

素直にサラッと言えるコミュニケーション (メルマガ登録)

* 必須


リカ・ビヤセニョール

  米系の新聞社で勤務できるほど英語は書けるはずなのに、謙遜してしまう癖などから、うまく自己表現ができない・意見を言えない・アメリカ人の中に入っていけないと苦労する。 アサーションに出会ってからは、英語だけではなく日本語でも(本当の意味で)言いたいことを的確に伝えてこなかったことに気づき、コミュニケーションパターンを変えることで人生のあらゆる人間関係が変わるのを体感。 その後、英語でのジャーナリズムの経験・パブリックスピーキングなどで学んだことを取り入れ、アサーティブコミュニケーションのトレーニングプログラムを開発し、個人・グループ・企業に研修。 くわしくはこちら
Save

Save

Save