英文履歴書添削:売り込み先・雇う側が、会ってみたい話を聞きたいと思わせるような、表現力

英文履歴書添削:売り込み先・雇う側が、会ってみたい話を聞きたいと思わせるような、表現力

 

英語の履歴書添削のお客様からのうれしい声をいただきました。

こちらです。

 

 

突然のレイオフ、というかレイオフは普通突然ですが…。

 

一番に思い浮かんだのは、「現状のResume古臭いよね、何とかしなくちゃ」ということ。書き直して見たものの、見栄えしなかったので、「何とか」はリカさんにお願いしました。

 

まずは現状のアップデートしたResumeを渡し、リカさんから業務についての実際の内容の質問に答えました。

そして出来上がってきたResumeを見て、リカさんの観察力・理解力の深さにびっくりです。

 

そういう説明ができるのか!

私のこれまでの経歴を、私から見れば売り込み先・雇う側が、会ってみたい話を聞きたいと思わせるような、表現力で書き出してもらえました。

 

例えば、確かに全部やってきた事だけど、単なる業務内容の羅列ではなく、業務を通じて会社・顧客に対して提供できる技能や職務が理解できる内容になっていました。

 

リカさん、ありがとうございました!

 

[su_spacer]

日本人の方の履歴書の多くは、自己アピールが足りず、ご本人の良さが反映されていません。どうにかしたい方はこちらをどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

シャイで言いたいことが言えない・すぐイラッとしてしまい、人間関係のストレスで我慢の限界に来ている方に、知ってほしいことがあります。あなたが今持っているコミュニケーションパターンは、特定の相手、状況などに対して、あなたの無意識が反応している単なる「条件反射」であって、あなたの「性格」ではないということです。条件反射は、犬のトレーニングと同じで、学習と反復である程度直すことができます!

目次