英文履歴書添削:もっと自分の可能性を的確に表現したものとなった

英語の履歴書添削のお客様からのうれしい声をいただきました。

こちらです。

英語添削1

目次

Q1.サービスを受ける前の英文はどのような状態でしたか。

正式なフォーマットもあまりわからず自分流に書いてた。

ホビー(趣味)など記入しなくていいと聞いてやはりプロに見ていただくことはいいと思った。

 

Q2.校正後、どのように変わりましたか。

プロやネイティブに履歴書をチェックしてもらったことがなかったため

(仕事をする場合紹介が多かったので、そこまで重点をおかないで作成してたので)、

りかさんの添削によって上辺だけで書いてた内容が

もっと自分の可能性を的確に表現したものとなって内容に満足してます。

1つ1つの職についての仕事内容を理解した上で

それを元に作り上げた履歴書、

その過程がとても丁寧な作業で本当に感謝してます!

Save

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

シャイで言いたいことが言えない・すぐイラッとしてしまい、人間関係のストレスで我慢の限界に来ている方に、知ってほしいことがあります。あなたが今持っているコミュニケーションパターンは、特定の相手、状況などに対して、あなたの無意識が反応している単なる「条件反射」であって、あなたの「性格」ではないということです。条件反射は、犬のトレーニングと同じで、学習と反復である程度直すことができます!

目次