人生、いつどんな時にチャンスが訪れるか分からないので、とりあえずこれを準備しておけ。

Posted onCategoriesコミュニケーション, 全ブログ記事

少し時間が経ってしまったのですが、先日とある素敵な方の主催で、「一分で夢をかなえる自己紹介の仕方」という限定セミナーをいたしました。

 

 

なぜ自己紹介が夢につながるのか

内容を要約するとそれこそ1分くらいで終わってしまいますが、「自己紹介の際にただ名前を職業を言うだけではなく、目的に応じて特定の内容を盛り込もう」というものでした。

まず参加者の皆さんに1人1人自己紹介をしていただき、その後「次につながる」自己紹介のフォーマットとその解説をし、その後もう一度皆さんに自己紹介していただきました。

そして1人1人の自己紹介について、フィードバックをしていきました。

最初は「自己紹介は苦手だ」とおっしゃっていた参加者の方々も、「自己紹介は楽しいかもしれない。」と体感していただけたようです。

 

実際にやってみて(アウトプットして)フィードバックを受け取るという部分がセミナーの重要な部分であり、知識の伝達や解説だけをしても本当の意味で「腑には落ち」ませんし、考え方は変わりません。

・・・ですがそれを踏まえながら、内容をちょっとだけシェアいたします。

 

「自己紹介って何を言えば良いのか分からない」とか「ただ、名前と職業と住んでいるところを言えばいいんでしょ」と思っている方が多いかもしれません。

そのような方に一つお知らせが。

 

それは、

あらかじめ準備しておけ。

ということです。

 

予め準備しておけば、何言ってよいか悩まなくてよいのです。

アメリカでは、「エレベーターピッチ (Elevator pitch)」という言葉があります。

 

「エレベーターピッチ」とは

エレベーターの中で居合わせた人に、目的の階に着くまでの間に、自分や自分のビジネス・商品等に興味を持ってもらえるような短いプレゼンテーションのことを指します。

だいたい30秒から2分くらいの間に、自分が相手にどういう価値を提供できるのか・自分がお願いしたい事などをまとめてあらかじめ用意しておけ、と言われています。

人生、いつどんな時にチャンスが訪れるか分かりません。

 

自分のビジネスに投資してくれる人とエレベーターで居合わせるかもしれません。(もともとはそのようなアイデアから「エレベーターピッチ」という言葉ができたそうです。)

そんな時に、いつでもサラッと自分のことを説明できるようにしておけば、チャンスをすぐつかむことが出来るかもしれません。

そしてあらかじめ用意しておけば、緊張しにくいです。

elevator-495231_640

私も自己紹介のおかげで「次につながった」経験があります。

「私はコミュニケーションコーチをしているのですが、企業で研修をしたいと思っています」や「本を出版したいなと思っております」とサラッと自己紹介の最後の方に言っておくことで、その後、情報提供や話しをつなげてくれた方がいらっしゃいました。

そのため、あんまり関係ないなと思っても、自己紹介で夢をサラッと(1,2文で)言うようにしています。

そうすると、

なんか次につながる・・・かも。

 

不思議と言えば不思議なのですが、当たり前と言えば当たり前。

 

 

恥ずかしいとか、笑われるとか思うかもしれませんが、

つべこべ言わずにとりあえず、言っとけ。

 

釣り糸垂らしているイメージです。そうすると、何かどこかで魚がひっかかるかもしれない。