アメリカに住む方法:よくある留学と結婚以外にもこんな方法がある!

Posted onCategoriesアメリカ生活のためのサービス・リンク集, 全ブログ記事

日本の人とお話しをしていて、時々質問されることがあります。

 

それは

アメリカに住みたいのだが、そもそもどうやったらアメリカに住むことができるのか、ということ。

 

アメリカに来るためには、心構えとかゴール設定とかそういうのは置いておいて、

とりありず、3か月以内の旅行目的外でアメリカに来て、一定の期間中生活してためにはビザを取る必要があります。

 

私の身の回りには、留学、結婚(あるいは婚約)、仕事関連(駐在や就職、ビジネス、アーティスト)名目でまずビザをとって来た、という人がほとんどです。

たまーに、グリーンカード抽選プログラムでアメリカに移住したという方にも、お会いすることはあります。

その後、ビザが切れる前に更新や切り替えなどをしながら、永住権(そして市民権)に切り替える人が多いです。

 

そういう私はといいますと、留学(F1ビザ)→就職(就労ビザ・H1-B)→グリーンカード(永住権)という流れで来ています。

ただ、たとえ経験者とは言え、もう15年以上、ビザを切り替えたりしたことがないので、正直、最近の動向もよく知らないし、自分がどのようにしたかもあんまり覚えていません。

ですが、ものすごくよく覚えているのが、留学ビザ以外はネットであんまり調べてもよくわからないことや間違っている情報も多かったということです。

ビザの条件などは、政治に左右されてよく変わりますし。

 

なので当たり前だけど、ビザのことは移民弁護士に相談するのが一番確実。

どこかの知らない人が親切心から書いているブログでの情報をうのみにしたら、実は法律が変わっていたのでトンデモなく間違っていて、貴重な時間を無駄にしてしまうこともあります。(←個人的経験に基づく。。)

 

また、ネットにはどこにも書いてなかったのに弁護士さんが、すごく良い近道や抜け道を教えてくれることもあります。

ですが、そうは言っても弁護士は、実際にビザの取得となる前のちょっとした相談や、そもそもビザはとれるのか、ビザ取得以外の質問はあんまりできません。

例えば、就労ビザを取るための申請のお手伝いはしてくれるでしょうが、そもそもどうやって就職したらよいの、履歴書はどうやって書くの、みたいな質問はできません。

 

そんな時に総合的に相談に乗ってくれたり情報を提供してくれる人の存在があると非常にありがたいですよね。

そんなわけで、私のお友達で、アメリカに仕事で来たい方のお手伝いをしている人を2人紹介いたします。

(私のブログを見ましたと言ってくださると非常にうれしいですが、だからと言って何かがかわるわけではありませんのでご了承ください

 

留学や結婚でアメリカに来るというのは割とメジャーなようなので、いろんなところに情報がありますが、今回のお二人はそれ以外の方法でアメリカに来たい方のお手伝いをされていますので、必要な人にこの情報が届きますように。

 

まずお一人目。

まず、アメリカでインターンシップをして職務経験を積んでみたいという方のお手伝いをしている安斎佳美さん。

留学生ビザや就労ビザほどあんまり知られてないJ-1ビザというものがあります。

私も聞いたことはありましたが、佳美さんと知り合うまであんまりよく知りませんでした。

 

就労ビザよりも簡単にビザが取得できて、働く経験が出来るトレーニング、インターンシップのためのビザです。

だいたい35才くらいまでというガイドラインと、滞在期間が18か月と比較的短いのですが、それでもJ-1から始めて他のビザに切り替えて長期間滞在するということもあり得ます。

実際にそういう人も周りにいます。

かといってそもそもどういう会社でインターンシップができるのかなど、日本にいてわからないことがある方も多いと思います。

・・・私も知りません。

そんなわけでまずは佳美さんの経営する InfinityWiz のサイトをチェックしてみてください。

 

佳美さんはてきぱき的確に話す方で、とても話しやすいし、頼りがいがある人だと思います。

また、ビザの申請だけではなく、アメリカに来るためのサポートもしてくれます(もちろん、申請のみというオプションもあるそうです)。

インターンシップ初日に、インターンの方がちゃんとやっているかどうか訪問までしてくれたり、とにかく、不安を最小限にしてくれる心強い味方だと思います。

 

 

次に、アメリカで起業して成功したい人のためのお手伝いをしている田村玲子さん。

 

アメリカで起業をしたいという夢を持っている方も、やはり、ビザは避けて通れません。

就労ビザまたは投資家ビザなどが主に必要になります。

 

やはり上記同様ですが、日本にいながらアメリカで起業するための情報集めはたいへんだろうと思います。

ビザのことだけではなく、ビジネス形態の選び方、ビジネスの動向や、会計のこと、オフィス選びなど。

 

玲子さんが経営するWorld People USAではビザの可能性の査定やビジネスプランの作成(クライアントのビザ取得率はなんと99%)、そして起業やアメリカ生活に必要なサポートをしてくれます。

まさに、アメリカ起業のワンストップサービス。

 

玲子さんはとても元気な人で、頭の回転が速く良くお話しをする楽しい人です。